スチームクリーナーとは、その名前の通り高温の蒸気を利用して汚れを浮かし掃除する機械です。近所のホームセンターや家電量販店、テレビショッピングで皆さんも見たことがあると思います。

スチームクリーナーにもいろんな種類があり、ハンディタイプやモップタイプ、あるいは一般的な掃除機と同じような形のキャニスター式などがあります。

スチームクリーナーに限らずどんな機械でも同じですが、それぞれ種類によってメリットもあればデメリットもあります。

例えばハンディタイプは金額が安いというメリットがあるのですが、使用できる蒸気温度になるまでに時間がかかります。

また、タンクが一体になっているため、水の重さも抱えることになり掃除の間重たく、タンクの容量が少ないので短時間しか掃除できないなどのデメリットがあります。

スチームクリーナーを購入するなら金額だけで判断するのではなく、短時間でサッと重さも我慢してやりたいならハンディ、本格的に家中の汚れを落としたいならキャニスター式のスチームクリーナーを選ぶなど、目的に応じたスチームクリーナを選ぶ必要があります。

スチームクリーナーの選び方

スチームクリーナーは、洗剤を使わずに家中の様々な掃除に使用が可能です。床の掃除からトイレや壁の汚れ落とし、浴室のカビ落とし、台所周辺のしつこい油汚れなど、高温の蒸気を利用し楽に綺麗にできます。

家中の様々な部分の掃除に活躍するスチームクリーナーですが、先に書いたように床の掃除にハンディは稼働時間が短すぎる、手に持って床の掃除はしにくいなどの不満がでます。

それに高いところを掃除する時には重くてしょうがなくなります。床の掃除に関してはモップタイプがやりやすいと思うかもしれません。しかし、モップタイプも本体に水を抱える状態で動かすので、かなり動かしづらいというデメリットがあります。

家中を綺麗にするなら、第一の選択肢はキャニスタータイプです。ホースの部分しか持たなくて良いので、掃除時間が長くても軽くて疲れません。それにタンクの容量が大きいのでハンディタイプとは比べ物にならない位に長い時間掃除ができます。

もしちょっと使いたいというケースもあるならハンディタイプをキャニスター式と合わせて持っておくと便利です。

キャニスター式の唯一のデメリットは収納場所です。とはいえ、一般的な掃除機と同じ位の大きさですので、特に大きいという訳ではありません。